So-net無料ブログ作成

入院 [災害]

 まいった。
 生まれて初めて病気で入院。
 なんかお腹が痛いなと思ったその晩、熱が出て計ると39℃超え。
 翌日近くの病院行ったら紹介状書いてもらって済生会病院へ。揺らすと痛いので、腹部をかかえるようにそろーっと歩く。
 レントゲン撮ってエコー撮ってCT撮って血液検査して尿検査して、やっと診察。上行結腸憩室炎とかで、なんか大腸の虫垂の上のほうが腫れてるらしい。
 「緊急入院ですね」と言われ、まだ歩けたのでタクシーで一旦戻って入院準備と連絡だけして病棟へ行く。
 ベッド脇に「禁食中です」の札があって、その日から食事なしで24時間点滴。
 なんか血管が見えにくいらしくて、5度も挿しなおされてやっと落ち着いた。
 抗生物質は朝晩2回。
 はぁ。
 7/25(水)に入院して7/28(土)にまた検査。朝からエコーなので、前日から栄養の点滴は抜かれていた。そうしたらば朝フラフラだった。検査室まで歩いていったのだが、帰りは車椅子で迎えにきてもらった。
 検査終わってとにかくフラフラで気持ち悪いので、砂糖水もらって飲んだらてきめんですね。血糖が足りないときはこれに限るわ。
 さて、点滴だが昨日まで挿していた左腕は、なんかもれてたらしく腫れちゃって痛いので右腕に変えた。病棟で一番上手な看護師さん、ってのがやってくれたけど、2度失敗してやっと。痛いよ~。
 ま、とにかくおとなしくしていて7/31(火)にもう一度検査。
 もう痛みはないし、白血球の数も正常値になったのでもう一晩寝て、退院。
 というわけで、8/1(水)に退院。
 その後もなんかふらつくのでこの週は自宅療養にして、おとなしくしてた。
 あー。
 今日になってやっと復活した感じ。
 明後日もういちど検査に行って、なんともなければ終わりだ終わり。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見よ [災害]

 これを見よ。
 2011/07/27 衆議院厚生労働委員会より、児玉龍彦参考人。



 元はこれ。
 http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41163&media_type=wb
 怒りの発言。
 すでに原発爆発から4ヶ月以上経ち、ニュースも減り、なんとなく大丈夫なんじゃないの~?なんて思ってたらとんでもない。
 いまだ福島第一原発はまったく収拾がつかず。岩手でも腐葉土から高濃度の放射線検出。葛飾区でもとんでもない放射線量検出。すでに半径300Km以内は少なくとも子供は安心して生活できない…
タグ:原発
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本当に恐ろしいことになりつつある [災害]

 伝言ゲームばかりでちっとも進まぬ対策。
 まっとうな判断ができる人がいないのか。
 しかし、こういうところもある。

http://www.youtube.com/watch?v=CeUoVA1Cn-A&feature=player_embedded
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原子力発電所 [災害]

 さまざまな情報が振りまかれ、さまざまな憶測が飛び交う。
 子供だましのような、嘘なのか理解してないのか、整理されぬマスコミや当事者たちのコトバが毎日TVで紙面で踊っている。
 言いっぱなしの情報はほったらかしで時系列的に追い求めることもせず、「新しい」情報だけが垂れ流し。よくよく聞いていればそれは三日前に報道した内容の論理的帰結にもかかわらず、「新事実」のように騒ぎ立てる。
 記者会見では、開くほうは用意がまったくなってなく、聞くほうは勉強不足で質問ひとつも小学生未満。
 福島第一原子力発電所は未曾有の大惨事なのは誰でもわかる…よね?ある意味チェルノブイリ以上だろうと思う。事故後情報をすぐに世界に発信しなかった当時のロシアでさえ、事故発生後翌日から10日間で大規模避難、事故後一ヶ月で11万6千人が避難したというのに、ここじゃ正確な情報すらなく当然すべき判断もなされない。
 TVやラジオじゃ、ホントどうでもいいめちゃくちゃおせっかいなAC(公共広告機構)が流れ続け、番組はできるだけ原発大惨事の深部に突っ込まないように組み立てられている。
 「原発反対!」と同じくらい「原発なきゃやってけないじゃん」ってTwitterで叫んでる。
 あーもー勘弁して欲しい。
 2003年、東電の不祥事で全原発検査となり柏崎も福島も全機停止(ったってとまるわけじゃないケド)して原発からの電力供給止まったってやっていけたのに。「想定以上」も嘘ばっか。ちゃんと予想している人たちはいたぞ?たとえ「想定以上」だとしてもそんなこたあ、知らん。きみたちは「何があっても絶対安全」とずっといってきたではないか。
 さて。
 未曾有の大惨事、ここ東京だってわずか200Km。とても落ち着いてはいられないのだが、まだ忘れちゃいけないモノがたくさんある。
 16年前にナトリウム漏洩で火災事故を起こした、高速増殖炉もんじゅ。以来ずっとなんの仕事もせず毎日5500万円もの維持費をかけて、去年の8月には3トンもの部品を炉の中に落っことして拾えない。当然運転再開は不可能だし、止めることもできない。ナトリウムで冷やしてるから、空気や水に触れさせることもできない、発火・爆発しちゃうかもしれないから。まだあるよ、常陽。栃木だ。あれも事故起こしてずっと対策中だよ。
 もんじゅに比べたら福島の軽水炉なんておもちゃみたいに単純なのにそれも制御できない。
 六ヶ所村の使用済み燃料だって電気が切れて非常用ディーゼル発電機で冷やしてるけど、いつまで?
 気象庁がすごい確率で必ず来るといってる東海地震に対して、浜岡原発は活断層の真上にある世界一危険な原発と言われているのに、何かあってもまた「想定外」とか言うつもりかね?
 冷静に考えて、狂ってるとしか思えん。
 高濃度放射性物質じゃじゃもれ状態で、「確認します」「わかりません」連発ってなに?事故時に把握もできない収拾もできないものに「制御できる」なんてまだ言うやつがおるのかね。
 まず止めましょう。止めたってとまらないんだから。
 ついで、じゃないけど、成田空港だって政府が謝ったとき、いったん白紙から始めるべきじゃなかったかね?空港廃止してから。ちょっとさ、けじめつけていこうよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震! [災害]

 寝ようかと思ったとたん、ゆらゆらと電灯が揺れている!
 これは、中越地震の時と同じくらいの強さと長さだ!
 即座に、防災科学技術研究所のHi-netにアクセスしたら、岩手沿岸あたりが震源地、M6.8、沿岸あたりは震度6強。盛岡周辺は震度5弱ということ。即座に電話したら、自宅はダメだったが実家には奇跡的に繋がって事情を聞く。ものすごかったらしいけど何も倒れず大丈夫だということで。いま親父は集金に行ってるので実家はお袋ひとり。とりあえず落ち着かせて自宅には全員にメールを送る。メールは地震でも止められないので通じる。末娘から即座に返事。「大丈夫だみ!!」。だみ?まあ、とにかく大丈夫そうでほっとした。うー焦るなあ。ただ社員の実家が沿岸なので最強に揺れたとこだから心配だ。お年寄りだし…とりあえず津波なないとのことであわててもしかたがない。
 あちこちからメールが来るのの対応。これが済んだら寝ます。

 女川原発は大丈夫なんだろか…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。