So-net無料ブログ作成
検索選択

年末近いというのに… [仕事]

 少しは楽、っていったい何から楽になったのかちっともわからん。
 あれもこれもやらねばならぬし、お客さんは30日まで営業だし。
 まあ、仕事がないよりはマシなのであまり嘆かないようにしようとは思う…がそれにしても(笑

 今日はひさびさに緊急で古臭い仕事をした。
 古いプログラムで、EXEしかない。自分で作ったやつじゃないので、どんなになってるかちっともわからん。
 そんなプログラムを修正しなければならんという。
 というわけで、できるだけの情報をもらい、久々にバイナリエディタなどで実行モジュールの中身をそのままみる用意をする。
 どこまでできるかわからないが、逆アセンブラも用意して、とりあえず逆アセンブル。う~ん、シンボルがわからないから大変だなぁ。C++Builderで作成した、ということなので、もうすっかり忘れてたコンパイラの癖を思い出して、アセンブルコードから問題箇所を特定しようと。
 うむ。確かにこれはMicrosoft系じゃなくて、Borland系のコンパイラだとはわかる(笑
 switch-case文とか特徴あるんだよね。
 とはいえ、EXEが1M超えてるから大変だよ、探すの。
 時間かければわかるとは思うが、時間がないのだ。
 30分くらい眺めてこの手法はあきらめた。
 というわけで、バイナリエディタで直接16進ダンプから捜索することにする。
 staticで確保してる配列があって、初期値もあるので、そこはすぐ発見。このテーブルの値をまずは修正。
 問題は、それを参照してるコードの処理の修正だ。
 その部分であろう、という、おそらくこれかも、というソースコードの一部があったのでそれから類推する。まあ、処理上そんなに変更ないだろうという箇所なので、そこをどうやって特定するかを考える。
 ラッキーなことに即値が使われてるじゃん。intだから32bitで当然のことながらリトルエンディアンなので、4byteの16進数表記で検索すると…3ヶ所見つかった。たった3ヶ所か、ラッキー!
 で、そのあたりのバイナリみて、命令を予測。ふむ。おっと、直前にも違う値の即値が使われてるじゃん。
 近接してる2つの即値で照らし合わせると、一ヶ所に特定できた。
 さて、昔のパッチの様に、jmpさせてその先で処理書いてretさせるのかあ、86系の命令セット思い出さないとだめかなぁ、と思ったのだが、なんとその即値を変更すれば処理上うまくいくことを発見。楽チンじゃん~!

 というわけで、残り30分で、即値で書かれていた部分の値を変更することで完璧直りました。
 ん~、こういうのうまくいくと嬉しいね。
 ほとんど完全にあきらめていたお客さんも喜んでくれたし。
 ちょっと仕事した気がします(笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うむ~、仲間だ [映画]

 いやあ、面白い。
 観ちゃったよ久々にイイモノを。
 こいつは面白い。
 まったく持って仲間だね~

第9地区 [DVD]

第9地区 [DVD]

 ヒットですよヒット。
 ロードショーしてたときは地獄の仕事で、頭の片隅にちょっと残ってた程度、当然観になんていけやしなかったけど。
 ゆきが、こいつは!絶対面白いっ!ってことで借りて観て見ました。
 メイキングも観て、監督がコメントしてるのも観て、今日、日本語吹き替えも観た。
 いいセンスだよ~
 主人公がまたいい役者なのだ。
 まったく、いいよなあ。責任者に抜擢されて大喜び小喜びの小役人根性がうまいねえ。
 とにかくメイキングも面白いよ、製作現場がよくわかります。
 エビ、エビ言ってるけど(そう和訳されてる)、どうもエビじゃないみたい。1960年代からヨハネスブルグで大発生した、Parktown Prawn、っちゅう巨大コオロギのことだね。Prawnがエビだから、エビ、という和訳らしいが違う。なんつーか、カマドウマ!とかそんな感じだね。確かにエビというよりコオロギっぽいもん。
 おまけに、ヴィカス役をやった役者の、アホな動画があるのでみませう。この映画観てればわかる(笑
 
タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

眠い [雑記]

 とにかく眠い。12時過ぎ、さらに食事後ずっと眠い。
 かといって夜の寝つきは悪いし何度も目が覚めるから、悪循環。
 まあ、6時間も眠れれば爽快なんだが、どうも浅い感じがする。
 さらに、集中するような仕事じゃないもんだから、さらに眠気が増す。
 結局ちゃんと眠れるのは土曜とか日曜の夜とかだけだなあ。
 枕もまずいかもしれない。春先の花粉症で鼻が詰まって苦しいので結構高くしてあるのがよくないかもしれない。
 しかし、今年は春先どころか夏も秋も今も突発的にくしゃみから始まって完全に花粉症の症状に悩まされている。いったいなにが飛んでるんだ?
 とにかくちゃんと眠れるようにしないと。
 んで、まずは、数年ぶりにダイエットを始めた。体重計は娘に持ってかれちゃったので手に入れないと。

 USBだのSDメモリだのはついてないけど、機能的には十分で安い。まあ、最近じゃこれくらいの価格でもちょっと躊躇するが(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DMX512-A [芝居]

 照明というものはほとんど調べたこともないし知識もないのだが、音響機材の充実に伴いいろいろ調べてみた。
 音響機材がオープンリールからサンプラーへと劇的な進化をしたのと同様、照明のコントローラもすごい進化。
 今は、DMX512-Aという規格のもとに制御されているのが普通のようだ。kW単位の電力コントロールをTTLレベルでできる規格。通信プロトコルはRS-485なのね。制御データは投げっぱなしでハンドシェイクしたり再送とか考えはないけれども、極単純ゆえ信頼性も高いのだろう。速度も250kbps程度だし。

 コントローラ→[XLRケーブル]→機器→[XLRケーブル]→機器→ターミネータ

というように、コントローラからいわゆるキャノンケーブルで接続して、デイジーチェーンで512chまで制御できる。チャンネルごとに、8bit、つまり256段階の情報を送れるわけだ。機器(調光ユニットなど)は、自分がどのチャンネルで制御されるかを設定できる。調光ユニットであれば、256段階の調光ができるし、スイッチパックなどだと、値128以上ならON、未満ならOFFとなる。別機器でも、同じチャンネル設定にしておけば、コントローラから送られてくる該当チャンネルのデータに連動する。もっと複雑な動作をする機器だって、複数チャンネルのデータを受けるように作ってあれば動作させられる。くるくるヘッドが廻るやつとか、色が変わったりするやつとかね。
 でもって、このコントローラや調光ユニットってのが、意外にも安いのだ。
 例えば、6chのフェーダとマスタフェーダがついたDMXコントローラ、SDC-6。なんと4800円。
 4chの調光ユニット(ディマーパック)、DP-415。なんと5800円。
 ケーブルだって長さによるがせいぜい1000円~2000円だろう。
 うちらなんかこれで十分じゃん?
 LED照明のDMX調光ユニットってのもあるし。コントローラはTTLレベルの制御ができればいいので、9Vの乾電池でも動作する。
 んー。パソコン接続も簡単だ。DMX-USB PROってのがある。ありゃ、これは高いな。でも、Open DMX USBってのがあって、海外サイトのオークションなんかだと1万円以下。まあ簡単だから手作りして5000円くらいか。ドライバとかAPIはフリーだ。つまり人間の手で操作できないような複雑な制御もPCで簡単にできるわけで、そういうソフトも売ってるし、Open DMX USB のAPI使えば自作もできる。
 まあそこまではないだろうから、もうちょっと複雑な制御したければ、DMXコントローラのもう少しいいの買えばよさげ。
 例えばこんなのだって、凄そうな割に9800円。

 う~ん、すばらすい…
 
タグ:芝居
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。